男で服選びが苦手で疲れるし面倒…。失敗しない服選びのコツとは?

服選びって慣れないうちは難しいですよね・・・。
メンズファッションのコーディネートは、思っているよりも上手くいかないことが多いです。
そんなときはまず失敗をしない選び方から勉強をしてみましょう。

自分の体に合った服を選んでいますか?

最初に注意をしたいのはサイズ感です。

 

服を選ぶときのサイズ選びにどれくらい注意をしているのか。
これはとても重要なポイントなのですが、意外と見落としている人が多くいます。
どんなに良いものでも、サイズ感が合っていなかったらそれだけでダサいと見られてしまうでしょう。

 

ゆったりとした服は確かに楽かもしれませんが、そういう服を選んでいる人の着こなしはお世辞にも良いとは言えないものばかりです。
服選びをするときには、自分の体にしっかりと合ったサイズを選ぶことが重要です。

 

服のサイズはSやMやLなどの基準で分かれていることが多く見られます。
それ以外にも数字で区別されているものもありますが、大まかなサイズの分け方としては共通しています。

 

ここで失敗しやすいのは、何となく自分はこのサイズだという思い込みで選んでいることです。
ある程度の体格の人は「自分はLサイズだ」という基準で選んでいますが、実はここで失敗をしていることが多いのです。

 

Lサイズと言っても、厳密な数字で分かれているわけではありません。
そのメーカーやブランドによって、Lサイズにも細かい違いがあるのです。
しかも体型は人それぞれなので、買って実際に着てから違和感を覚えるケースもあります。まずはしっかりと試着をして、本当に自分の体型に合った服選びができているのかを確認してください。

 

これまで大きな服を着ることが当たり前になっていた人の場合、自分の体にフィットする服を買ったら窮屈に感じてしまうかもしれません。
しかし、着続けることによって次第に慣れていきます。

 

部屋着などなら大きなサイズで楽に着られる服の方が良いかもしれませんが、誰かに見られることが前提の服選びをするなら、しっかりと体型に合ったものを選ぶことが重要です。

 

その服単体で決めずに組み合わせを考えて選ぶ

服選びが苦手だという男性にありがちな失敗として、その服の第一印象だけで決めてしまうパターンがあります。
確かにその服だけで見れば良いかもしれませんが、自分が持っているほかの服と上手く合わせられるのかを考えてみてください。

 

完全にその組み合わせでしか着ないと強く考えているなら話は別ですが、ほとんどの場合は適当にほかの服と組み合わせて使ってしまうものです。
そうなると、自分では無難だと思っていても、客観的に見たらダサい組み合わせで着てしまうことが起こってしまうでしょう。

 

失敗するパターンの中には、ほかの服とのコーディネートが思いつかないので、買ったのは良いけどなかなか使えず仕舞ったままになってしまう、というものもあります。

 

普段からしっかりと組み合わせを意識している人なら、そもそも服選びが苦手になることはありません。
服選びをするときにそこまで意識をするのは面倒だと考えてしまうかもしれませんが、これは慣れの問題です。

 

その日に着る服を選ぶときのことを思い出してみてください。
何となく選んでいる人は、この時点で失敗をしています。
上手い組み合わせになることもあれば無難な結果に終わってしまう場合もありますが、大抵はダサい格好になってしまうのです。

 

単品の質やデザインにこだわっている人は多いのですが、そこで服選びへの意識を止めてしまうのは問題です。
自分はどんな服を持っていて、新しい服に合わせるとどんな風になるのかを自然とイメージできるようになれば、服選びでの失敗は少なくなるでしょう。

 

これまで服の選び方についてまったく意識をしたことがなかった人は苦労をするかもしれませんが、この作業に慣れることができれば、それだけで服選びでの成功率は大幅にアップします。

 

自分がどんな服を持っているのかをしっかりと覚えられればベストですが、自信がないなら写真に残してスマートフォンなどからすぐ確認できるようにしてください。
そしてこれから選ぼうとしている服との組み合わせについて考えるようにすれば、自然にイメージできるようになっていきます。

 

色の組み合わせを意識する

自分の体型にフィットした服選びができている。
そして組み合わせ自体も決して悪いものとは思えない。
ここまでできているのに、服選びで失敗をしてしまう人はたくさんいます。
この場合、問題になっているのは色の組み合わせです。

 

色選びも慣れが必要な作業になりますが、基本を押さえるだけで失敗する可能性を下げられます。

 

まず同じような濃さの色で合わせないようにしてください。
濃い色で統一したり薄い色で統一したりすると、メリハリがなくぼやけた印象を受けるコーディネートになります。
思い切って同じ色で統一してしまう人もいますが、ほとんどが失敗してしまうパターンです。

 

濃い色と薄い色での組み合わせにするだけでも、受ける印象は変わります。
慣れてくれば色の濃さが同じものでも上手い組み合わせが見えてくるかもしれませんが、慣れないうちは無難な組み合わせから試してみてください。

 

無難=失敗と考えてしまう人もいますが、それは間違いです。
ダサい組み合わせになると評価はマイナスになってしまいますが、無難な組み合わせなら少なくともプラス評価になります。
最初から100点満点を目指すのではなく、まずはマイナスにならないところから始めてください。
そして慣れてきたら、少しずつ上を目指していけば良いのです。

 

基本を押さえて失敗しない服選びを身につける

服選びで失敗をした経験がある人は、苦手意識を持ってしまっているパターンが多いです。
しかし実際に基本を押さえられていれば、服選びはそれほど難しくないことがわかります。

 

しっかりと自分の体型に合ったものを選び、単品で見るのではなく組み合わせ方を意識し、そして色の組み合わせにも気をつける。

 

たったこれだけのことを意識するだけで、失敗しない服選びはできるのです。
自分が持っている服はこれらの条件をクリアできているのか、まずはそこから考えてみましょう。