【朗報】服がダサいと言われたら!男でダサい服装の特長と解決方法

ファッションには問題がないと思っていても、ダサいと思われていることはあります。
まずはどんな特徴がダサいと思われるのかを知り、その解決方法を知ってください。
そうすればファッションにも自信が持てるようになるでしょう。

どんな服がダサいと思われるのか

自分ではそれなりにまとまっていると思っていても、そのファッションは間違っているというケースは少なくありません。
他の人から見ると、ダサいと思われていることがあるのです。

 

それとなく指摘してくれる人もいますが、直球でダサいと言われてしまうこともあり、ショックを受けてしまうこともあるでしょう。
それでは、一般的にダサいと言われてしまうファッションは、どんな特徴があるのでしょうか。

 

まず重要なのはサイズ感です。

 

ダボダボの服は余裕があって楽に着られるものですが、それは機能面で快適というだけで、見た目が良いわけではありません。

 

自分の体型よりも大きな服を着ている人は、それだけでだらしなく見られてしまうので注意してください。

 

もともと体型が大きな人の場合は、大きめの服装を選んでしまいがちです。
なかなか自分に合ったサイズが見つからないから、近いサイズで妥協をしている人もいます。
しかし、そこにダサさの原因があるのです。

 

服は着るものであって、着せられるものではありません。
大きなサイズの服を着ていると着せられている感が出やすくなるので、まずは自分の体にフィットするサイズで買うようにしてください。

 

同様に、少しサイズが小さいのではないかと思えるくらいピチピチな服装をしている人もいますが、これもダサい服装の特徴です。
自分の体に自信がある人は、体のラインが強調される服装を選びがちですが、そこからナルシスト気質が感じられるようになります。

 

もちろん本人にそのつもりはなくても、そう見られる時点でダサいと判断されてしまうので気をつけてください。

 

街中で着ている服がよれよれな人を見ることは多いのですが、これもダサい人の特徴に挙げられます。
何度も洗濯を繰り返して伸びきってしまっている服を見て、そこに格好良さを感じる人はいません。
使いすぎていろいろな場所がよれている服についても同じことが言えるでしょう。

 

まだまだ使えるからという理由で、ヨレヨレになった服を着続けている人は多いのですが、この時点でファッションとしては論外なのです。

 

そうなると古着などもダメなのかと思うかもしれませんが、古着の中にもしっかりと手入れが施されているものはたくさんあります。
そういう服は古くてもよれてはいないので、実際に着てみてもダサさは感じられないものなのです。

 

奇抜なファッションは紙一重

他の人とファッション面でかぶりたくないからという理由や、単純に好きだからという理由で奇抜なファッションをしている人もいますが、大抵は失敗しています。

 

夏などの暑い時期になると、膝上の短パンをはいている人を見かけるでしょう。
このファッションはかなり難しいもので、多くの人が失敗をしてしまうものです。
そもそも短パンは基本的に女性受けが悪いものなので、短パンをはいている時点でダサいと思われてしまうこともあります。
それだけのリスクがある服装を選ぶ理由はありません。

 

服だけではなく靴にも注意が必要です。
メンズファッションの中にはつま先のとがった靴があります。
オシャレとしてこのような靴を選んでいる人は少なくありませんが、ほとんどの場合はダサいと見られてしまうので気をつけてください。

 

先のとがった靴自体が悪いわけではありませんが、このような靴を履く場合は全身のコーディネートであわせる必要があり、それに失敗してしまうとただダサいだけの人に見えてしまうものです。

 

ほかにも何らかのポリシーを持っているのか、まるで中学生のようなファッションをしている人もいます。
ドクロや十字架をモチーフにしたもの、自己主張の激しい指輪をするなどは、いい年をした大人がしてもダサいと見られてしまいます。

 

何らかのパフォーマンスをするためにこのようなファッションをしている人ならともかく、自分が格好いいと思っているだけで選ぶ場合は、かなりのリスクがあるファッションになります。
我が道を行く人もいますが、それでダサいと言われてしまったらそこまでですし、格好良いと思われたいという気持ちがあるなら選ぶべきではありません。

 

奇抜なファッションを使いこなせば、かなり目立つようになります。
しかし目立つことが良いとは限りません。
周囲から浮いてしまって変な人と見られてしまうこともあり、その場合はまずダサいと思われてしまうので気をつけてください。

 

顔やセンスだけの問題ではない

ここまでダサいと言われている服装についてまとめてきましたが、これらの服装を避けるだけでもダサいと言われてしまう問題を解決できます。

 

無難な格好に見えても、自分の体のサイズに合わせて清潔感のある格好をしているだけで、周囲からの印象は変わってくるものなのです。

 

顔が良くなければどんな服装をしてもダサいと思われる。
自分にはセンスがないから、どうやってもダサいと言われてしまう。
このような考えからあきらめてしまっている人もいますが、それは間違いです。

 

いったん自分がどう思っているのかという考え方は捨てて、周囲からどう見られるのかで考えてみてください。
悪い印象を与える要素を排除していけば、それだけでダサいと言われなくなるものです。

 

特徴がない格好に行き着くかもしれませんが、それでもダサいと思われるマイナススタートと比較をすれば、無難な格好の方が良い印象を与えられるでしょう。

 

まずは自分に合ったものをそろえるところからスタート

自分の体型にしっかりと合ったサイズで、手入れをしてヨレヨレになっていないもの。
まずはこの条件に合った服装をそろえるところから始めてみてください。

 

もちろんそこでどのような服やアクセサリーを選ぶのかという問題もありますが、奇抜なものを選ばず普通の格好でも、本当にあったものならスマートな印象を受けるものです。

 

まずダサいと言われないようにすること。
これを目標にして、そこからいろいろなファッションに挑戦してみましょう。
「それだけで良いのか」と思うかもしれませんが、この「それだけ」ができていない人は意外に多いのです。