服屋の店員に話しかけられるのが苦手、オシャレな服屋に入りづらい人の解決法

 

何か自分に合った服がないかと探してみたいけど、店員に話しかけられるのが苦手だから行かないという人はたくさんいます。
声をかけるのは接客の一環だとわかっていても苦手なものは苦手・・・。
そんな人のために解決方法を紹介していきます。

どうして声をかけてくるのか

服屋に入って見て回ろうとすると、いきなり声をかけられて戸惑うことはないでしょうか。

 

「何かお探しですか」という言葉は、服屋に限らずいろいろなショップで使われていますが、もうこの言葉自体に苦手意識を持っている人もいるくらいです。

 

服屋の店員にも、自分がオフの時はお店で声をかけられたくないと思っている人はいますが、それでも接客をするときには声をかけていくのです。

 

これには接客のためのきっかけをつかもうとする意図もありますが、声をかけることで、リアクションから接客の方向を決める意味もあります。

 

うっとうしそうにされたら、それ以上声をかけることはありません。
しかし中には声をかけられることが嬉しい人もいるのです。そういう人を見分けるために、まずは声をかけるようにしています。

 

どうして声をかけられるのが嫌なのか


何となく嫌だと感じている人は多いのですが、そもそもなぜ服屋で声をかけられることを嫌だと感じるのでしょうか。

 

自分でゆっくりと探したいところを邪魔されたからという人もいますが、それ以外にも純粋にどう対応をすれば良いのかわからないという意見もあります。

 

ほかにも声をかけられたけど無視するのも罪悪感があるから困ってしまうという人もいれば、被害妄想で落ち込んでしまう人や人見知りなのでつらいという人もいます。

 

被害妄想を持っている人の場合、自分がダサいのでからかわれているのではないかと考えてしまうこともあるようですが、服屋の店員がそのようなことを考えることはまずありません。
そもそも、そこまで考える余裕がないくらい忙しいという声がたくさんあります。

 

積極的に声がけをした方が良い客なら、どんどん声をかけて行きます。
だけど逆に声をかけられたくない人だと察したら、そこで声かけはストップするでしょう。

 

自分がダサいと思っていて、もしかしたら馬鹿にされているのかもしれないと考えてしまう人もいますが、さすがにそれは自意識過剰になっている場合がほとんどです。

 

すべての店員がそうであると断言はできませんが、自分のことを卑下して被害妄想をしてしまう人の場合、ほとんどが見当違いの考えでダメージを受けているだけなのです。

 

どんな心構えをしていけば良いのか

服屋の店員に声がけされることが苦手な人は、まず心構えから変えていく必要があります。
ここで気をつけたいポイントとしては、罪悪感を持たないことと、被害妄想をしないことです。

 

最初からいきなり変えていくのは難しいかもしれませんが、服屋に入ったからと言って絶対に買物をしなければならないという決まり事はなく、店員に声をかけられたからと言って、必ずにこやかに対応をしなければいけないという決まりもありません。

 

過剰反応してトゲのある言い方をしない限りは、店員側も断られて気を悪くすることはありません。
そもそも反応すらせず無視をしてしまう人もいますが、さすがにそういう対応をすると傷ついてしまいます。

 

「自分で探すから大丈夫です」「何かあったら声をかけます」くらいの反応ができれば何も問題はありません。

 

もう少し具体的にすると、消極的に断ることが正解になります。
曖昧な笑顔もあると、それを察して店員側から離れてくれるものなのです。

 

微妙な空気を察してくれる人なら問題はありませんが、中にはそれを察することができない、もしくは無視をしてぐいぐい来る人もいます。
逆にそれができない店員に当たってしまったら、そのまま店を出てしまいましょう。

 

いくら良い服を置いている店だとしても、こちらの意向を察せない店員が対応をする店で気持ちの良い買物ができるはずもありません。

 

店員が声をかけてくるのが苦手な人の場合、向こうは善意でもこちらはその善意が嬉しくなく、かといってむげに断るのも罪悪感があると考えがちです。
だけど明確に相手が不快な行動に出ているなら、きっぱりと断りやすくなります。

 

被害妄想については先にも書きましたが、自意識過剰な人が陥りやすい状態です。
よほど問題のある行動でもしていなければ、陰口をたたかれるようなこともありません。

 

おしゃれな服屋に自分みたいなダサい人間が行って迷惑にならないだろうかと考えている人もいますが、これは逆です。
おしゃれになりたいから自分の店に来てくれているわけなので、むしろ良い客に見えてくるものなのです。
もちろんこれは一例としての考え方ですが、商売として考えればダサいかどうかは些細な問題と言えます。

 

露骨な態度を取られているわけでもないのに、自分のことを低く見過ぎることは止めましょう。
これは服を買いに行くとき以外にも言えることですが、よほど奇抜な格好や言動でもしていない限り、周囲の人間はあなたのことを気にしていません。

 

相手もマニュアル対応をしているのだと割り切る

本当に客のことを考えて親身になった対応をしようとしている店員もたくさんいますが、接客マニュアルで言うことになっているから声かけしている店員もたくさんいます。そのことに対して客側があれこれ考えても余計な苦労を背負うだけです。

 

最初はイライラするかもしれませんが、最初から割り切って一言断りを入れるだけで解決できる問題なので、深く考えすぎないようにしてください。そうすることが、服屋で店員に声をかけられるのが嫌だという問題を解決する簡単な方法です。

 

過剰に拒否をすると、ギクシャクしてしまって買物もしづらくなってしまいます。
ただ、しつこい店員がいる店は、ほかの部分でトラブルが起きる可能性もあるので利用しない方が良いでしょう。

 

声をかけられるのが面倒だと意識してしまうと、その考えがどんどん自分の中で大きくなっていきます。
そして気づいたときには、そのことが溜まらなくストレスに感じられるようになってしまうのです。
それならば一度考え方をリセットして、簡単に対処できる問題だと認識をあらためてみてください。
そうすれば服を買うときのストレスが激減するでしょう。