男で自分に合う服が分からない時の、似合う服の選び方とは?

そもそもどんな服が自分に似合っているのかが分からない。
そんな悩みを抱えている人のために、どんなコーディネートをすれば良いのかを紹介していきます。
骨格診断から始まり、役立つ情報ばかりなので参考にしてみてください。

骨格は3つのタイプに分かれる

ファッションで重要なのは、自分に合った服を選べるのかどうかです。
しかしこの自分に合う服をどう選べば良いのかを知らない人は、意外と多くいます。
自分が好きな服と自分に合う服は別、という問題もあるので、客観的な判断をするための基準について知っておく必要があるのです。

 

自分に合う服を選ぶと気に、どんなテーマでそろえれば良いのかと考えてしまいがちですが、もっと根本的な部分から見ていきましょう。
それは自分の骨格に合わせた服を用意できているのかどうかです。

 

骨格と聞くとレントゲン撮影でもするのかと考えてしまうかもしれませんが、そこまで極端な話ではありません。自分の体にはどのような特徴があるのかについて考えてみてください。

 

骨格のスタイルは、大きく3つに分けられます。

 

手が小さくて厚みがある、首が短めで鎖骨が目立たない、筋肉が付きやすく体に厚みがある、重ね着をするとどうしても着太りしてしまう。
このような特徴を持っている人は「ストレートタイプ」です。

 

このタイプは、体のラインに沿ったジャストサイズなものを選ぶと良いでしょう。スッキリとした印象を持てるものを選び、シンプルだけど上質なものでそろえると映えます。

 

手が小さめで薄く、首が長めで鎖骨が目立ちやすい、そして筋肉が付きにくく着丈が長いとだらしなく見えてしまう人は「ウェーブタイプ」です。

 

ウェーブタイプの場合は、シルエットがしっかりと出るタイプの服が良いでしょう。
少し小さめのサイズが合うので、丈を気持ち短めにすると効果的です。

 

手足が大きくて関節や筋が目立ちやすい、首が長めで首筋が目立つ、肩幅も広くて鎖骨が大きく出ていて太りにくい体質の人は「ナチュラルタイプ」です。

 

ナチュラルタイプの場合は、少しルーズな印象を与えるくらいがちょうど良いです。
ウェーブタイプとは逆に、丈は長めにすると意外に合うでしょう。

 

人の骨格にはそれぞれ違いがあるものですが、これらの骨格診断に当てはめてみるとどれかに該当します。
もちろん人によっては特徴を捉えにくいという問題もありますが、少しでも多くの条件に合致する骨格はどれなのか、という基準で判断してください。

 

これまで自分の骨格について意識したことがなかった人にとって、新鮮な経験になるかもしれません。
この骨格診断がファッションにおけるコーディネートのベースを決めるので、念入りに確認をしてみましょう。

 

自分に合ったパーソナルカラーを探す

自分に合う服選びでは、どんな色を選ぶのかも重要です。
できれば自分が好きな色でまとめたいところですが、その色が自分に合っているとは限らないので注意してください。

 

パーソナルカラー診断は、その人の身体的特徴から行われます。
肌の色は透き通る感じなのか黄みがかかった色なのか、地毛は真っ黒なのか茶系なのか、ほかにも赤系が好きなのか黄色系が好きなのかというところから判断をしていきます。

 

上記の選択で後者の選択肢が多い人は、イエローベースの人になります。
前者の場合はブルーベースです。
またブルーベースの場合は、顔色に赤みがあるのかどうか、地毛は柔らかいのかハッキリしているのか、目の印象は優しい感じかハッキリしているのかで違いが出てくるものです。
前者の場合は夏タイプで、後者の場合は冬タイプとなります。

 

ちなみにイエローベースの人も、全体的に明るい感じなのか落ち着きがあるのか、顔の血色は良いのか悪いのかといった部分で診断ができ、前者は春タイプで後者は秋タイプになります。

 

このあたりはもっと細かく診断項目をまとめているところがあるので参考にしてほしいのですが、パーソナルカラーは春夏秋冬の四パターンに分かれます。
春と夏は淡い系で夏は青系が強めになり、秋と冬は濃い色合いが多くて秋タイプはイエロー系で冬タイプはブルー系が強くなります。

 

絶対この通りに色を決めなければならないというルールもありませんが、自分に合う服選びをするなら、一度は試してもらいたいのがパーソナルカラー診断です。

 

色のタイプは四季に合わせたまとめ方をしていますが、実際の季節とは関係がないので注意をしてください。
冬系だからと行って冬物が似合うというわけではなく、濃い青系が合うというだけです。

 

自分が持っている服を見直してみる

骨格診断とパーソナルカラー診断の結果を合わせることによって、自分に合ったコーディネートが見えてきます。
まずはその結果に合わせて、自分がこれまでに買った服を組み合わせてみてください。

 

それぞれの骨格に合った服といっても、極端なものにするとダサくなってしまうので、そこは注意が必要です。
丈は短めが良いと言っても、ピチピチな状態になってしまったら逆効果です。
ダボダボな服はそれだけでダサくなってしまうので、余裕があると感じられるラインとだらしなく感じられるラインの違いに気をつけましょう。

 

また、これらの基準は方向性を決めるためには役立ちますが、それ以外は絶対にダメというものでもありません。

 

基準になるものがわかったと極端な方向へ走ってしまう人もいますが、いつも同じような格好をしている人と見られてしまうリスクもあるので、メリハリをつけられるようにしてください。

 

最初からこれらの基準すべてを意識するのは難しいので、プロのコーディネートを参考にするなど、勉強をするところから始めていきましょう。

 

人の目にはどう映っているのかを意識する

自分が好きなファッションが良いと我が道を行く人もいますが、自分に合う服を選びたいなら、人の目にどう映っているのかを意識しましょう。

 

ここまで計算をすることで、本当に自分の体型に合わせたファッションができるようになります。自分の好みと離れているなら、骨格とパーソナルカラーのどちらか片方を採用するところから始めてみてください。

 

そこで好評が得られれば自信につながり、自分に合ったファッションについて考えていくことが楽しくなっていきます。