【デート服】男で付き合う前の初デートの服装で失敗しないコーデは?

これから初デートが控えているけど、どんな服装にすれば良いのか迷っている・・・。
もともと服選びが苦手な人でも失敗しないコーディネートのポイントを紹介していきます。
大切な初デートで失敗したくない人は、ぜひチェックしてみてください。

第一印象がすべて

気になる女性との初デートということになると、どんなプランにしようかとか、どうやったら上手くいくのかと考えてしまうものです。
そこで大きなポイントになるのが服装です。

 

もちろんデートの内容も重要なのですが、服装で失敗したら自分の評価がマイナスからスタートしてしまうので、そこから挽回していくのはとても難しくなります。
すでに知った仲だったとしても、どんな服装でデートに臨んでいるのかは重要なチェック項目になるので気をつけてください。

 

デートの当日、最初に見られるのは服装です。
そしてそこでの第一印象が、デートが成功するのかどうかを握っていると言っても過言ではありません。
コーディネートが大成功とまでは行かなくても、失敗することだけは絶対に避けるようにしましょう。

 

それでは初デートの時には、いったいどんな服装が良いのでしょうか。

 

押さえておきたいポイント

初デートの服装では、まずいくつかのポイントを押さえる必要があります。

 

第一に気をつけたいのは清潔感です。
これは服が汚れているのかどうかではなく、見ていて爽やかな印象を受けるか、を意識しましょう。
好みの問題もありますが、ワイルドな感じで攻めるよりも、まずは清潔感に気をつけてください。

 

無骨な感じやワイルドな感じが良いと評価をしてくれる女性もいますが、中には完全にNGだと考えている女性もいます。
しかし清潔感を演出することは、よほど特殊な事情でもない限り、間違いなくOKと判断される要素なのです。

 

おしゃれに慣れている人なら、そこからさらに一歩踏み出すこともできますが、おしゃれを苦手にしている初心者の人は、まず清潔感を出せるように意識してください。

 

次に気をつけたいのは大人っぽいイメージです。

大人っぽいという言葉もいろいろな意味で受け取れますが、まずは落ち着いた印象を出せるように意識してください。
普段は全然そんな服装をしていないからイメージではないと考える人もいますが、ここぞと言うときに落ち着いた雰囲気を出せるのは、それだけで大きな評価につながりやすくなります。

 

女性の多くは、心のどこかで落ち着いた印象の男性を好む傾向にあります。
それは包容力のある男性を求めているからです。付き合っていく中で、子供っぽい男性と大人っぽい男性であれば、選ばれるのは圧倒的に後者が多くなります。

 

3つめのポイントは、意外に思われるかもしれませんが無難であることです。

 

せっかくの初デートなのだからビシッと決めたいと思っている人は多いのですが、それが空回りして失敗している人も少なくはありません。
そもそも初デートでは、肩に力が入りすぎていると上手くいかないことが多いので注意しましょう。

 

 

無難といっても、いつも通りの服装であれば良いということでもありません。
無難という言葉にマイナスイメージを持っている人も多いのですが、大きなプラス要素がない代わりにマイナス要素もないということで、決して悪いものではありません。

 

無難なコーディネートには、安心感を生む効果もあります。
これもまた女性が男性に求めるもののひとつなので、落ち着いた印象と安心感が合わさることで高い評価につながるものだと考えてください。

 

初デートで避けたい服装

初デートの服装では、気合いを入れすぎて失敗してしまう人がいます。
しかし逆にまるで気合いを感じないスタイルも、失敗の原因になるので気をつけてください。

 

例えば休日に会うのにスーツを着てくると、引かれてしまいます。
平日に仕事上がりで会うからスーツならむしろ好印象になるのですが、休日でのデートにスーツやフォーマルすぎる格好をしていると決めすぎ感が出てしまい、評価は下がってしまうのです。

 

ほかにも決めすぎスタイルになりやすい要素として、サングラスがあります。
サングラスは上手く活用できれば重要なファッションアイテムになることもありますが、TPOを考えずに使うとただの怪しい人になってしまうのです。

 

もちろん普段から上手くサングラスを使いこなしている人もいますが、おしゃれ初心者の人が使おうとすると大失敗をしてしまうアイテムなので気をつけましょう。
たとえば夏の海でのデートなど、本当にサングラスが必要な場所で使うなら問題はありませんが、そうではない初デートでいきなりサングラスを装着している人を客観的に見ると、空回りしている印象を受けます。

 

サングラスを選んでしまう人の場合、ナルシストのようなイメージを受けるコーディネートになっていることも多いので、気をつけましょう。
これは狙いすぎているビジュアル系ファッションにも同じことが言えます。本人にとってはしっかりと決めているつもりでも、初デートでそんな服装で来られたら女性は引いてしまうでしょう。

 

決めすぎるのは問題ですが、逆に力が抜けすぎているファッションにも注意が必要です。

 

カジュアルな印象を出すことは重要なポイントですが、だからといって初デートにスウェット姿で現れたらどんな印象を持たれるのかは簡単に想像できます。本人の意気込みはどうであれ、やる気がないと思われてしまうものです。

 

カジュアルでありながらも、お出かけ用を意識したファッションを心がけてください。

 

自分に合った服装を見直してみる

初デートの服装について難しく考えすぎている人もいますが、実際にはいくつかのポイントが押さえられていれば失敗することはありません。

 

重要なのは、プラスの部分を増やそうとするのではなくマイナスの部分をなくすことです。
自分にとってプラスだと思っているものでも、客観的に見れば大きなマイナスになっていることはよくあります。

 

清潔感があって、大人っぽい印象が出ている無難な格好。まずはこのポイントを押さえるようにしてください。
肩に力を入れすぎず、かといって抜きすぎずにこれらのポイントを押さえられていれば、初デートで服装から失敗してしまうことはなくなるでしょう。